京つう

  歴史・文化・祭り  |  北信越地方

新規登録ログインヘルプ


2009年09月09日

尾山神社



明治6年に創建された加賀藩祖前田利家公と正室のお松の方を祀る神社。
明治8年に建てられた神門は、和漢洋折衷のる層式で、明治初期に建てられた数少ない擬洋風建築遺構の1つであり現在は、国の重要文化財に指定。3層目には、ギヤマンがはめ込まれ、夕刻のギヤマンが夕日に映える頃や、日没から午後10時までの明かりが点灯する頃は見頃。
境内には、琴や琵琶など雅楽の楽器を模した橋や島を配した庭園や金沢城二ノ丸の門であった東神門もある。




同じカテゴリー(金沢の見どころ)の記事画像
ひがし茶屋街
長町武家屋敷
兼六園
同じカテゴリー(金沢の見どころ)の記事
 ひがし茶屋街 (2009-09-09 16:40)
 長町武家屋敷 (2008-11-07 22:15)
 兼六園 (2008-07-27 15:15)

※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。